採用情報

社員紹介

清水久義(昭和55年入社/配電工事担当)

設備への投資、人への投資を
惜しまない会社です。

任されている仕事は―
長く配電工事の作業班長を務めてきましたが、定年を経て再雇用になったことを機に、若い社員に少しずつ仕事を任せていっています。
電気工事は経験と資格が活かせる仕事ですし、会社としてもできるだけ長く働いてほしいという方針なので、自分がやれる限り頑張りたいと思っています。

仕事をする上で大切にしていることは―
スタッフの安全確保です。最近は、電線に直接触らない工法を採用するなど安全に作業できる環境が整ってきていますが、新入社員であれば仕事に慣れたころが一番危ないので、そこは気をつけています。
配電工事は屋外での仕事ですから、暑さ寒さに悩まされるということは事実です。当社は空調服を導入するなど、会社として熱中症対策に取り組んでいます。

やりがいや達成感を感じるときは―
若手社員の成長が、何よりのやりがいです。自分が仕事を教えた新入社員が班長としてリーダーシップを発揮している姿。同業他社と一緒に工事をする中で、うちの若手がひときわ手際よく作業を進めている姿。
そんな姿を見ると、嬉しく、誇らしい気持ちになります。息子の成長を見る思いですね(笑)。

会社の自慢できるところは―
先を見通して、最新の設備や工具に投資する企業姿勢です。たとえば配電工事といえば胴綱をつけて電柱に上るのが当たり前だった時代に、当社はいち早く高所作業車を導入し、仕事の幅を広げました。こうした気風は今も変わりません。
同じように人材への投資も惜しみません。丁寧に仕事を教え、多様な資格の取得を段階的にサポートしてくれます。一人の優秀な社員がいるのではなく、社員全員のレベルが高いことが、松本電機の組織としての強みとなっています。

MESSAGE

電気工事業は進化し続けています。近年は災害に強い電力供給インフラのあり方や、電気を無駄なく賢く利用するシステムのあり方も検討されています。
電気工事の仕事は、やり方は変わるかもしれませんが、なくなることのない仕事です。
最先端の電気エネルギー技術に直接触れ、技術者として常に成長していける点が大きな魅力です。

応募方法

下記までお電話いただくか、お問い合わせフォームからご応募ください。
TEL: 0761-47-3315

お問い合わせ